Omawari 1.1:Web 更新を巡回するヤツ。静的スクレイピングとか追加した

執筆日時:

f:id:daruyanagi:20170919194055p:plain

だいぶサマになってきた気がする。あっちこっちにぬるぽエラーがあって、潰すのに難儀した。Swift とか羨ましいかもね?(よく知らんけど)

github.com

静的スクレイピング機能の追加

f:id:daruyanagi:20170919194450p:plain

PhantomJS は遅いので、AngleSharp を使った静的スクレイピングをデフォルトにしました。下手したら3分ぐらいかかっていた処理が、たった数秒に。

qiita.com

AngleSharp は HtmlAgilityPack より断然使いやすいので、今後はこっちをメインに使おうと思います。

プレビューの文字化けを修正

WebBrowser.NavigateToString() を使うとたまに文字化けする問題。HTML で UTF-8 エンコードを指定すればよかったのですが、Diff の方だけやって、プレビューの方には適用されてなかった(爆死

public class WebBrowserExtension
{
public static readonly DependencyProperty HtmlProperty = DependencyProperty.RegisterAttached(
"Html", typeof(string), typeof(WebBrowserExtension),
new UIPropertyMetadata(null, HtmlPropertyChanged));

public static string GetHtml(DependencyObject obj) { return (string)obj.GetValue(HtmlProperty); }

public static void SetHtml(DependencyObject obj, string value) { obj.SetValue(HtmlProperty, value); }

public static void HtmlPropertyChanged(DependencyObject o, DependencyPropertyChangedEventArgs e) { WebBrowser browser = o as WebBrowser; if (browser == null) return; string html = e.NewValue as string; if (html == null) return; html = $@" <html> <head> <meta http-equiv='Content-Type’ content='text/html;charset=UTF-8’> <style> ins.diffins {{ background-color: #cfc; text-decoration: none; }} del.diffdel {{ color: #999; background-color:#FEC8C8; }} </style> </head> <body> {html} </body> </html>"; browser.NavigateToString(html); } }

バインディング拡張の方でやるように処理を統一。

<WebBrowser u:WebBrowserExtension.Html="{Binding ViewModel.SelectedResult.Text}" />

更新ログウィンドウの追加

更新を検知したら ObservableCollection にログを追加してウィンドウに表示……っていうのをやってたのだけど、NotSupportedException が出て死んだ。異なるスレッドから書き込んだらダメみたい。

結局こっちの解決 AsyncObservableCollection を拝借した。

www.thomaslevesque.com

要するに、コンストラクターでディスパッチャーを保存しておいて、コレクション操作でエラーが出たら保存しておいたディスパッチャーにお願いする感じみたい。便利だなー(小並感

今後の予定

  • Diff 周りが混乱していて、何と何を比較しているのかわかんないから UI を見直す
  • よくわかんなくなってきたので、コードの整理する
  • スタートアップ登録・解除機能
  • 5,000円ぐらいでアイコン作ってもらおうかな?
  • Desktop Bridge に挑戦するときがきた!!

f:id:daruyanagi:20170919195536p:plain

Desktop Bridge を利用した WPF → UWP の移植は理想的にはこうなるらしいけど、やってるアプリ見たことないので、ちょっと挑戦してみようと思う。cmd とのやり取りは排除できないけど、それ以外の要素は UWP にできんことはない気がする。まぁ、早くても来年やね。