読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

明日できることは、今日しない。

Visual Studio 2017 で Windows サービスを作った

Windows デスクトップ アプリ Visual Studio C#

f:id:daruyanagi:20170310210104p:plain

まぁ、この程度のことであれば、今までとあんまり変わらんと思うけどね。ちょこちょこ便利になってる感じはある。

今回の目標

実行ファイルが書き換わったら、トーストで通知してほしい。

プロジェクトを作成する

f:id:daruyanagi:20170310210338p:plain

[テンプレート]-[Visual C#]-[Windows クラシック デスクトップ]を開いて、“Windows サービス(.NET Framework)”を選択。すると、Windows サービス プロジェクトのスケルトンがブリブリっと吐かれる。

Service1.cs では味気ないので、今回は MihariService.cs という名前にした。“見張り”やね(以前にもそういう名前のアプリを作って放置してたっけ)。

f:id:daruyanagi:20170310210613p:plain

次に MihariService.cs のデザイナー画面を開き、コンテキストメニューの[インストーラーの追加]コマンドを実行。

f:id:daruyanagi:20170310210915p:plain

すると ServiceInstaller.cs というのが作成されます。このデザイン画面で ServiceInstaller1 を探し、プロパティ画面からいい感じにプロパティを設定。今回はこんな感じにした。

  • ServiceName:MihariService(アプリ ID のノリでどこでも使っていくやで)
  • DisplayName:Mihari サービス(WIndowsの「サービス」からはこれが見えるらしい。日本語にした)
  • Description:システム内で EXE ファイルが変更されるのを監視します
  • StartType:Automatic(これでたぶん自動実行されるはず)

最低限の準備はこれでいいみたい。まだ中身はないけれど、ソリューションをビルドする。

サービスの登録とデバッグ

f:id:daruyanagi:20170310211757p:plain

このままデバッグ実行をしても、エラーが出る。ビルドした Windows サービスをシステムに登録しなきゃいけない。

f:id:daruyanagi:20170310211520p:plain

まず、ツールの類にパスの通ったコマンドプロンプトを起動(よくわかんないけど Developer Command Prompt for VS 2017 というのでいいみたい)。

f:id:daruyanagi:20170310211358p:plain

Debug フォルダーに移動してパスをコピーしておき、コマンドプロンプトで移動。installutil で MihariService.exe をシステムに登録する。

**********************************************************************
** Visual Studio 2017 Developer Command Prompt v15.0.26228.4
** Copyright (c) 2017 Microsoft Corporation
**********************************************************************
> cd (Debug フォルダー)

> installutil MihariService.exe

f:id:daruyanagi:20170310212252p:plain

ログインを求められたら、ユーザー名とパスワードを入力。ユーザー名はコンピュータ名から始まる完全な奴じゃないとダメみたい。

> whoami

で取得したのをコピーして使うといい。

f:id:daruyanagi:20170310212519p:plain

あとは「サービス」に移動して、登録したサービスを開始する。

デバッグ

f:id:daruyanagi:20170310212629p:plain

デバッグを行うには Windows サービスのプロセスにアタッチすればよい。

f:id:daruyanagi:20170310212806p:plain

[すべてのユーザーからのプロセスを表示する]オプションを有効化し、フィルターで Mihari を探すと早い。あとはブレークポイントを仕掛けるなりなんなりご自由に。

リビルドのときは サービスを止める → ビルド → サービスを開始する(→再びアタッチする)みたいな作業フローで。ちょっと面倒くさいけど仕方ない(もしかしたら自動化できるのかもだけど、そこまではいいや)。

ファイルを監視する

f:id:daruyanagi:20170310213029p:plain

めんどくさくなった。MihariService.cs に FileSystemWatcher を追加して、いろいろコードを書けばおっけ。

完成してから気づいたんだけど、サービスから通知トーストを出しても、クリックに反応してくれないんだな(フォルダーを開いたりしてほしい)。単にログだけ出力し、そのログを監視してトーストを出すクライアントを別途作った方がよかった。

rinta.hatenablog.com

iseebi.hatenablog.com

先人たちのおかげですんなり完成しました。