Microsoft Edge:スリープタブでリソースを節約する

執筆日時:

[設定]―[システム]―[リソース節約]に[スリープタブでリソースを保存する]というオプションが追加されていた。

Microsoft Edge バージョン 89.0.752.1 (公式ビルド) dev (64 ビット)
Microsoft Edge バージョン 89.0.752.1 (公式ビルド) dev (64 ビット)

オンになっている場合、アクティブでないタブは、システム リソースを節約するため、指定した時間を経過するとスリープ状態になります。

指定した時間が経過すると、非アクティブなタブを自動でスリープ状態に移行させ、リソースを解放する機能のようだ。タブをスリープ状態にするまでの時間と、スリープタブを行わない除外サイトの指定も行える。バックグラウンドで自動更新するタイプの Web ページなんかは、除外指定しておいた方がいいのかもしれない。

Microsoft Edge バージョン 89.0.752.1 (公式ビルド) dev (64 ビット)
Microsoft Edge バージョン 89.0.752.1 (公式ビルド) dev (64 ビット)

地味なところだが、このバージョンでは[F12]キーを押したときに DevTools を開くオプションも追加された。旧 Edge は[F12]キーで開発者ツールが起動可能で、「F12 ツール」などとも呼ばれていたと思う。自分も[F12]キーで開発者ツールにアクセスするのに慣れているが、これが煩わしいと思う人は無効化できる(既定で有効)。ちなみに、[Ctrl]+[Shift]+[I]キー(Inspector の I だろう)でもアクセスできるので覚えておくとよいかも。Apple M1 対応も、デバイスを持ってる人にとってはうれしいのかな。うちの M1 Mac も常用は Canary → Dev に切り替えておいた。

あと、edge://settings/help に従量制課金接続に関するオプションも生えていた。旧 Edge は OS 側で制御する仕組みだったと思うけれど、新 Edge はここでコントロールしなきゃいけないようだ(既定は無効)。

Microsoft Edge バージョン 89.0.752.1 (公式ビルド) dev (64 ビット)
Microsoft Edge バージョン 89.0.752.1 (公式ビルド) dev (64 ビット)

Placeholder No Image

参考

Microsoft Edge バージョン 88.0.705.29 (公式ビルド) beta (64 ビット)
Microsoft Edge バージョン 88.0.705.29 (公式ビルド) beta (64 ビット)