読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

明日できることは、今日しない。

Microsoft Flow × だるやなぎ API で俺さまの年齢をつぶやく

Microsoft Flow は

  • API にアクセスして
  • データを解析し
  • それをツイートする

といったこと(ロジックフローの連鎖)を簡単に実現できるサービスです。“あーして、こうして、そんでもってこうする!”みたいなのをダイアグラム的に書けるわけですね。あとでスクリーンショットをのせておくので見てほしいのですが、割とビジュアルでわかりやすいです。

この Microsoft Flow はスタンドアロンで

  • 定期的に
  • フィードが配信されたら

みたいなトリガー(処理のきっかけ)を使うこともできますが、モバイルアプリを利用すれば「このボタンを押すと」をトリガーにすることができます。

今回は だるやなぎ API を利用してモバイルアプリから年齢をつぶやく例を紹介します。毎日、僕の年齢を Twitter につぶやけて、とても便利です。

だるやなぎ API

だるやなぎ API http://api.daruyanagi.jp/ は、だるやなぎのさまざまな情報を取得できる API です。たとえば、http://api.daruyanagi.jp/?format=xml を叩くと、

<object>
<Name>YANAGI, Hidetoshi</Name>
<NickName>daruyanagi</NickName>
<Birth>1980-04-20T09:00:00</Birth>
<DateTime>1998-04-20T09:00:00</DateTime>
<Elapsed>
<Ticks>5679936000000000</Ticks>
<Days>6574</Days>
<Hours>0</Hours>
<Milliseconds>0</Milliseconds>
<Minutes>0</Minutes>
<Seconds>0</Seconds>
<TotalDays>6574</TotalDays>
<TotalHours>157776</TotalHours>
<TotalMilliseconds>567993600000</TotalMilliseconds>
<TotalMinutes>9466560</TotalMinutes>
<TotalSeconds>567993600</TotalSeconds>
</Elapsed>
<Age>18</Age>
<AgeAtLastBirthday>18</AgeAtLastBirthday>
<AgeByCalendarYear>19</AgeByCalendarYear>
<Married>false</Married>
<Job>Oil King</Job>
<Photos>
https://onedrive.live.com/?authkey=%21ALMyzgcuZ67AAng&id=2260696B6A4680D7%2118945&cid=2260696B6A4680D7
</Photos>
<Place>
<Name>愛媛 松山市</Name>
<SouthWest>
<Latitude>33.687285</Latitude>
<Longitude>132.491125</Longitude>
</SouthWest>
<NorthEast>
<Latitude>34.073779</Latitude>
<Longitude>132.926666</Longitude>
</NorthEast>
</Place>
</object>

というデータが返ってきます。年齢や職業も一発ですね! JSON 形式でも取得できるんですよ。

ざっとした使い方

f:id:daruyanagi:20170401003108p:plain

ますは https://flow.microsoft.com/ja-jp/ からアプリをダウンロードします。iOS 版と Android 版があります。Windows 10 Mobile?……知らない子ですね。

f:id:daruyanagi:20170401002713p:plain:w320 f:id:daruyanagi:20170401002815p:plain:w320

ダウンロードしたら、まずなにかフローを作成してみてください。わかんなかったらテンプレートがいっぱいあるので、なにか選んでみましょう。たとえばこの“上司に今日は在宅勤務にするというメールを送信する”なんて便利じゃないでしょうか。これを改造すれば、遅刻メールがワンボタンで送れるようになります。

Microsoft Flow に API を食わせる

フローはモバイルアプリでも作れますが、個人的にはオンラインで作る方が好きです。画面がでかいので。

f:id:daruyanagi:20170401003551p:plain

今回作ったフローはこんな感じです。シンプルですね! ほんとうは API が 200(成功)以外のレスポンスを返すことも考慮した方がよいでしょう。失敗したらメールで通知、みたいなのとか、どうでしょう?

ポイントとなるのは、HTTP アクセスと――

f:id:daruyanagi:20170401003718p:plain

JSON の解析でしょうか。

f:id:daruyanagi:20170401003739p:plain

JSON の解析は一見難しそうですけど、サンプルの JSON データを一度食べさせると、それを解析し、他の処理に使いまわせるようにしてくれます。めっちゃ簡単ですね。

f:id:daruyanagi:20170401003854p:plain

だいたいこんな感じです。変数がビジュアルな感じで、わかりやすいと思います。

f:id:daruyanagi:20170401003944p:plain:w320 f:id:daruyanagi:20170401003958p:plain:w320

フローを保存するとアプリにボタンが現れるので、さっそく押してみましょう。

ちゃんと 18歳 とツイートされました!

補足

  • JSON データの解析・変数化は、階層まで考慮してくれません。異なる階層で同じ名前の変数があるとちょっと厄介(見分けがつかない
  • Twitter に紐づけられるアカウントの数は 2 つまでのようです。無料アカウントで3つ目を登録するとエラーがでます(言い忘れていましたが、MicrosoftFlow は基本タダです。ただし、回数などに制限があります……が、個人利用ならそんなに気にしなくていいかな)
  • Twitter でつぶやくテキストは自由に編集できますが
    • スパム防止のために @ は削除されます(メンションできません
    • そもそも @ を使うとフローが壊れるっぽい

P.S.

この記事は 4月1日の午前中 に作成されました。