独断と偏見による簡単な伊賀の国の歴史

伊賀の国は大和・山城・近江・伊勢に隣接する地域で、割と古くからそこそこ栄えていたらしい。ヤマト朝廷は尾張をはじめとする東国とも縁戚関係をもっていたが、おそらくこの地を往来したことだろう。名張と伊賀神戸の間にある美旗の地には古墳群があり(美旗古墳群)、往時を偲ばせる。記紀によると、古代には垂仁天皇の…