だるろぐ

明日できることは、今日しない。

Amazon へ貢いだ金額(2016年版)

Amazon 依存が着実に進んでいる。


daruyanagi.jp

daruyanagi.jp

あっぽーぺーにさっそくカードを登録してみた

f:id:daruyanagi:20161026001655j:plain

Apple Pay が使えるようになったので、手持ちのカードを登録してみた。

まずは OS のアップデート

f:id:daruyanagi:20161026003325p:plain:w250 f:id:daruyanagi:20161026003405p:plain:w250

とりあえず iOS を 10.1 へアップデート。これで「Wallet」アプリにカードを登録できるようになるらしい

カードの登録

現在の手持ちのカードは以下の通り。

  • ANA ワイドゴールドカード(VISA、三井住友カード。Apple ID の決済に利用)
  • Amazon MasterCardクラシック(Master、三井住友カード)
  • SUICA(記名式、東京にいるときに定期券として使っていた)

f:id:daruyanagi:20161026003626p:plain:w250 f:id:daruyanagi:20161026003625p:plain:w250

Apple ID の決済用として登録していた ANA カードは、セキュリティコード+(SMS などを利用した)認証コードを入れるだけで登録できた。

f:id:daruyanagi:20161026003904p:plain:w250 f:id:daruyanagi:20161026003911p:plain:w250

新規登録となる Amazon のカードは、写真を撮ってカード番号を読み取るタイプだった。これも楽ちん。オンラインショッピングで毎回カード番号を入れてるのがアホクサくなる簡単さだな!

ちなみに、この2つのカードは 三井住友カード が発行しているので、コンビニなどで iD として利用できる。でも、クレジットカードとして使えるのは MasterCard の Amazon カードの方だけっぽい。Apple Pay を利用した Suica チャージができるのは Amazon のカードの方だけだった(オートチャージサービスへの登録は可能みたいだけど)。マイルを貯めるために ANA ワイドゴールドカードをメインにしつつも、それが使えないときは Amazon カードを使うことになると思う。

ついでなので 5000円もらえるキャンペーンにもちゃんとエントリー。

www.smbc-card.com

早い者勝ちっぽいので、乞食したい人は今すぐ Go だ。

あと、Amazon Mastercard の還元率もなぜか上がってた(クラシックは 2%。ゴールドは 2.5%)。Apple Pay がらみなのかどうかは知らないけど、お得になるのはうれしいな。

www.amazon.co.jp

f:id:daruyanagi:20161026004126p:plain:w250 f:id:daruyanagi:20161026004137p:plain:w250

一方 SUICA の登録は、モバイル SUICA がダウンしていたらしく、なかなかうまくいかなかった。JR 東日本の「Suica」アプリを使ってカードを新規に登録すればよさそうだったけど、カードが増えても仕方ないと思い、夜まで待って登録。登録したカードはデータが iPhone に移行されるらしいので、捨ててしまってもよい。かなり長い間使ったけど、これでおわかれだなー。おおきにおおきに。

「Suica」アプリをいじくってたらいつの間にか 1000円 チャージされてたんだけど、この辺りは使いながら追々マスターしていこうと思う。まずは近所のローソンで iPhone のかざし方の修行をしてくる( ー`дー´)キリッ

アマゾニストによる決済の合理化

f:id:daruyanagi:20160302200024j:plain

確定申告を済ませたついでに、支払いや記帳の合理化を進めているのだけど――

一番のネックは持ってるクレジットカードが freee の自動記帳に対応していないこと。毎月 クレカの Web 明細を見ながら、手でプチプチ入力するのは嫌になったので、freee を相性のよさそうなクレジットカードに乗り換えることにした。調べてみると、三井住友カードの Vpass というヤツなら freee と連携できそうな雰囲気。

というわけで、たまたま Amazon でキャンペーンをやっているのを見かけたのもあり、Amazon MasterCardクラシック に申し込んでみることにした。ポイント還元のお得さではほかに譲るみたいだけど、まぁ、使った分 Amazon のポイントになるのは、割りと重度なアマゾニストの自分にとってはシンプルで分かりやすい。

すると、無職なのにあっさり審査通ったばかりか、その場で速攻使えるようになり、しかもカードが届いてないのに勝手に Amazon の決済手段として登録された。

f:id:daruyanagi:20160302195633p:plain

正直なところ「便利すぎてちょっと気持ち悪い」と思った。でも、専用のアイコンなのはいいな。

明細サービス Vpass と freee の連携も無事うまくいった。あとはなるべく現金を使わなければ、記帳の手間は限りなくゼロになる。だいぶうれしい。

でも、よく考えたらマイルが溜まったり、SUICA のオートチャージができるヤツの方がよかったかもしれぬな。無職だからクレジットカードを新たに作るのは難しいだろうし、むかし会社の運転資金にキャッシュローンをぶちこんでビューカードなどを数枚焦げ付かせた前科があったので*1、ダメでもともとのつもりであまり考えずに試しちゃった。また新しく申し込んでもいいのだけど、あんまり新しいのをポコジャカつくるのも怪しまれそうなので、当面はこのままでいくことにしようかと思う。

これで手入力にしなきゃいけないのは、タクシー代ぐらいになったかもしれない( *´艸`)ウフフ

追記

カードのデザインが Amazon の段ボールに似ているので、間違って紙ごみの日に出してしまわないように気をつけねば。

*1:そんなわけで、むかし作って残っていたヤツを我慢して使い続けていたわけだが

Amazon パントリー使ってみた――むかし母ちゃんが一人暮らしの俺に送ってくれた救援物資を思い出して涙

f:id:daruyanagi:20151102142850j:plain

やってみようかなーと思ってつい後回しになってたけど、カップラーメン(粉末袋の中身が真っ赤っかで頭おかしい「番長花道辛味噌ラーメン」が12個送られてきた。 - だるろぐ)を食べつくしたのを機に、“Amazon パントリー”を試してみることにした。

なにがお得なのか一見よくわかんないサービスだけど、

  • いろんな種類の商品を一つの箱に詰めてまとめて買える(送料は290円)
  • なので、受け取りも一回で済む
  • まとめ買いでしか対応していない商品も一つから買える

というのがポイントらしい。インスタントラーメンを買うとき、Amazon だと1個セットなんかでしか売ってないんだよね(プライムじゃなければ、そういうセットもあるのだけど、送料かかるから近所のスーパーで買った方がいい)。でも、パントリーならいろんなものを詰め合わせて買うことができるってわけやね。

ちなみに“Amazon プライム”に入っていないと使えないので注意。

f:id:daruyanagi:20151102143531p:plain

使い方は最初よくわからなかったが、“Amazon パントリー”対応の商品を検索してカートに入れると――

f:id:daruyanagi:20151102143715p:plain

箱に入っていく感じらしい。貧乏性なのでついギッチギチに詰めてやろうと思うが、意外になかなか埋まらない。ついには買うものがなくなってしまい、

  • ケチャップ切らしてたし、ぶちこんどこ
  • お鍋の季節やし、ポン酢あったほうがいいな
  • そういえばインスタントコーヒーなかったかも
  • まだ隙間空いてるし、とりあえずビール6本いれとこ

などと、余計なものまで買ってしまった。箱いっぱいに詰めて、6,000円程度。占有率あたりの単価が高いビールを抜けば、だいたい5,000円ぐらい詰められる感じかなぁ。

f:id:daruyanagi:20151102112052j:plain

待つこと2日で到着。思ったよりも箱がデカく、クロネコヤマトのお兄さんには申し訳なく思う。

f:id:daruyanagi:20151102112157j:plain

開けてみた。大学に通って一人暮らししてるとき、月末になるとおかんがこういうのを送ってくれたなぁー。米とかカップ麺とかレトルト食品とか、あと、あからさまにお中元かお歳暮でもらった感じのゼリーセットとか、「どうせロクなもんくってねーだろ、たまには帰ってこい」などと書いた手紙とか入ってて。ありがたいもんやな。思い出すだけでちょっと涙出るわ。

f:id:daruyanagi:20120909200711j:plain

それに、今回のパントリーは母ちゃんの救援物資よりもも豪華。“ジオンはあと10年戦える”みたいな謎の心強さがある。実際、自分はそんなにカップ麺食べないから、これだけあれば年内は十分もちそう。

とにかく、使ってみた感想としては――

  • 割と楽しいかも。自分で作る“救援物資”みたいな。
  • お得かどうかは他と比較したことないからわからん。見た感じとくに損した感じはしないけど
  • どれがパントリー対応商品なのかよくわからん。パントリー対応商品だけのストアサイトとかあればいいのにな

みたいな感じ。面白かったし、実用的でもあるので、たぶんまた使うような気がする。

Amazon のプライム・ビデオがきたのでさっそく観てみた。

f:id:daruyanagi:20150925190704p:plain

Amazon プライムの会員なら見放題の「プライム・ビデオ」が利用できるようになっていたので、さっそく「Firefox」で鑑賞してみた……ら Silverlight を使っててちょっと笑った。著作権保護周りでの理由なのかな? こんなところで Silverlight を見るとは思わなかった。

“Click to Play”でコンテンツがブロックされるが、クリックして解除すれば動画の再生は可能。許可サイトに入れておかないと、次の動画を自動で再生できないみたい。まぁ、「天下の Amazon だし、マズいことになならないだろう」と思うならば、常に再生するようにしておいてもよいかも。

f:id:daruyanagi:20150925191329p:plain

「Google Chrome」は、普通に“video”要素で再生していた。

f:id:daruyanagi:20150925192033p:plain

Silverlight のプレーヤーと違ってシークバーでシーンをプレビューできるのがカッチョいい。

f:id:daruyanagi:20150925191201p:plain

「Internet Explorer」「Microsoft Edge」の場合も「Google Chrome」と同様“video”要素で再生されるが、なぜかビデオのスクリーンショットが撮れない。

ラインナップの充実度は……正直まだよくわからないが、とりあえず『ごちうさ』が見れたので満足。海外ドラマだったら Hulu の方が充実しているかもだけど、そういうのを見ないならば解約しちゃってもいいかなぁ、なんて思い始めた(Netflix はクレカ情報入力するのが面倒でまだ観てない)。

おまけ

f:id:daruyanagi:20150925192350p:plain

遊び過ぎた。

去年 Amazonで使った金額を計算してみた。

以下の記事を参考に、「Firefox」で集計。

まず、[F12]キーを押し、[コンソール]タブを開く。次に、

に掲載されているコードをコピーして、[コンソール]タブ下部のテキストボックスへペースト。[Enter]キーで実行すると、以下のようなダイアログが表示される。

f:id:daruyanagi:20150103093252p:plain

調べたい年を入力して処理を継続すると、最後にその年に Amazon で使った金額の合計が出力される。

f:id:daruyanagi:20150103093344p:plain

なんかエラーたくさん出たけど気にしないことにした。



2014 258747 円
2013 186103 円
2012 277831 円
2011 258747 円
2010 93949 円
2009 35289 円
2008 66638 円
2007 283066 円
2006 71180 円

2010年ぐらいまでは本と CD しか買っておらず、年間10万円を突破することがなかったが*1、2011年からは家具なども買うようになり激増。最近ではビールや食べ物まで買うようになっている*2。最近は Kindle で本を読むようになったので、ますます Amazon での消費が増えそうだ。

追記

 米アマゾンや楽天のカナダ子会社「コボ」など海外に本店を置くインターネット業者から日本国内に配信された電子書籍や音楽データの取引に、2015年10月から消費税が課税されることになった。


 現在は、海外業者からの電子データ配信には課税されておらず、国内の書店などから不公平だとの批判が出ていた。

海外ネット配信に消費税課税へ…電子書籍など : IT&メディア : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

まぁ、相変わらずだけど、対応が遅いね。実務的な問題はいろいろあるんだろうけど、前々から指摘されていたことなのだから、さっさとやればいいのにと思う。

*1:2007 年の消費が異常に多いのは、実家の会社で使うソフト(Windows Vista/Office 2007)やビジネスプリンターを代わりに買ってあげたからのようだ(総額15万ほど)。ほかに実家&親戚へのクリスマスプレゼントに Wii を2台買ってあげたようだ

*2:とくにビールは年に5万ぐらい使っているらしい(憤死

「Amazonソーシャルカート」っていいうのを試してみた #アマゾンポチ

f:id:daruyanagi:20140711223128p:plain

Amazon.co.jp(以下Amazon)は、本日2014年7月11日(金)より、Twitterと連動した新機能「Amazonソーシャルカート」を開始いたしました。これにより、お客様はTwitter上から欲しい商品や気になる商品を、直接Amazonのショッピングカートに簡単に追加することができます。本機能は、日本国内ではAmazonでの提供が初となります。

「Amazonソーシャルカート」の機能では、Twitter上でお客様がAmazonの商品リンクを含むツイートに対して、「#アマゾンポチ」のハッシュタグを付けてリプライ(返信)することで、Amazonアカウントのショッピングカートに自動的にその商品を追加することができます。この機能を使うことで、お客様はTwitterのタイムラインを楽しみながら、気になる商品や欲しい商品をAmazonのショッピングカートに追加し、後でまとめてAmazon上で商品を確認・購入することができます。「Amazonソーシャルカート」はAmazonアソシエイト・プログラムに対応しており、Twitter経由での紹介料獲得にもご利用頂けます。

http://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20140711/

おれの頭が悪いせいか、どういう仕組かあまりよくわからんかったので試してみた。

下準備

http://www.amazon.co.jp/gp/socialmedia/amazoncart/ で Twitter と Amazon を連携させておく。

#アマゾンポチ する

f:id:daruyanagi:20140711223606p:plain

まず、Twitter で Amazon の商品リンクをたまたま目にする。今回は自分でリンクを投げた。

これに #アマゾンポチ とハッシュタグをつけて返信する

ちょっと間が空いて、Amazon のアカウントから返事が来る。

カートに商品がぶち込まれている。

f:id:daruyanagi:20140711223955p:plain

これのなにが便利なのかイマイチ分からんけど、「Amazonアソシエイト・プログラムに対応しており、Twitter経由での紹介料獲得にもご利用頂けます」とのことなのでチャリンチャリンビジネスに使えるのかもしれない。

LINE 1.0.9.91、Lync 16.0.1929.1162、Amazon 3.1.2.5

f:id:daruyanagi:20140324100143p:plain

LINE 1.0.9.91

f:id:daruyanagi:20140324100450p:plain

不具合修正および性能改善

1.0.8.90 より。割とどうでもいい話で恐縮なんだが、お前の名前はどっちなんだ。

Lync 16.0.1929.1162

f:id:daruyanagi:20140324100553p:plain

Lync の Windows ストア アプリの更新プログラム:2014 年 3 月の更新には新機能が含まれています。次のことができるようになりました。

  • 会議の参加者を、個人としてもグループとしても管理できます。
  • 通話中や会議中に、会話のコントロールに簡単にアクセスできます。
  • 「今すぐミーティング」機能を使って、すぐに緊急会議を開始できます。
  • 会議のリストをスタート画面にタイルとしてピン留めすれば、会議のスケジュールを簡単に確認できます。
  • 参加/今すぐミーティングのタイルをスタート画面にピン留めすれば、スケジュールされている会議への参加や、新しい Lync 会議の開始がすばやく簡単にできます。

16.0.1929.1140 より。

Amazon 3.1.2.5

f:id:daruyanagi:20140324101022p:plain

Performance improvements

3.1.1.1 より。そういえばアプリから買ったこと、まだないや。